永久歯が失われた場合には、入れ歯を作るかブリッジをするか、はたまたインプラントにするか選択することとなります。

それぞれの方法の違いをもう一度整理しておきましょう。



それぞれにメリットもあればデメリットもあります。自分の場合はどれが最も適しているか考えておくと、いざ抜歯したときにも困ることがないはずです。

まず、入れ歯は最も安価な方法であって、仕組みもシンプルです。

義歯を失った歯の部分にはめ込むだけですから、大きな手術も必要ありません。



ただ、完全に固定できるわけではないので、咀嚼する力は弱いです。

一般的に、通常の歯の二割程度の力しか出ないと言われています。

GIRL'S TALK - Amebaのお得情報を用意いたしました。

保険が適用可能になるのは、決められた素材で作ったときだけです。

ブリッジというのは、入れ歯よりも固定力に優れた方法のことです。


同じように保険が使えて安価で済ませられます。
両隣の歯をある程度削らなくてはならない点がデメリットだと言えます。

咀嚼力は強いですが、健康な歯にかかる負担も大きいです。

インプラントは、失われた歯の部分にボルトを埋め込んでしっかりと固定する方法のことです。

両隣の歯とも干渉しないので、健康な歯を傷つける心配は皆無です。

インプラントは顎の骨と接着することによって、本来の歯と同じ咀嚼力が手に入ります。
メンテナンスフリーなのもメリットではありますが、便利な分保険適用外の治療で、非常に高い費用がかかる点がデメリットだと言われています。