歯医者で行われる治療は、とても細かい作業が求められます。

きちんとした治療を行うには、状態の把握が欠かせません。


しかし、人間の目で見ることができるサイズには限界があります。
そのため、目に見えない範囲の治療は、歯科医師の経験に頼ることが多くありました。

そのため、歯科医師の力量により、虫歯を取り残してしまい、再発するということがありました。


マイクロスコープはそのようなことがないようにするために、歯医者に導入されました。
聞きなれない言葉ですが、顕微鏡のことで、肉眼で見るより3~20倍に拡大して見ることができるので、状態の正確な把握が可能になります。

歯は一度削ってしまうと、元の状態に戻ることはありません。



そのため、できるだけ歯を削る量を最小限度にしようという考え方が普及しています。


これを実践するためにも、どこまで虫歯が進んでいて、歯を削る必要があるかを目で見て確認する必要があります。

特に、歯の神経の処置は精密な治療が求められます。今まで見えなかった細かな部分まで確認しながら治療ができるので、病気をきちんと治すことができます。

minp!関連情報サイトです。

神経を取ったはずが、取り切れていないところから虫歯が再発し、結局大切な歯を抜かなければいけなくなったということが大幅に減少します。



マイクロスコープはとても高価なものなので、どこの歯医者にもあるものではありませんが、確実に導入している歯科医院は増えていて、治療に活用されています。