インプラント治療には多彩なメリットが見られますが、その中の一つに治療後の噛み合わせが挙げられます。

複数の欠損歯を補う手法としては、入れ歯などが多用される状況が継続していました。



しかし、入れ歯は義歯の安定性を保つ事が難しく、装着したときの違和感や噛み心地が悪くなってしまうなど、様々な問題点が挙げられます。

また、入れ歯の場合は力強い噛みあわせが出来ない事から、食事の際にも硬い食感のある食物は避けなければなりません。
そのため、治療法として入れ歯を選択した場合は、これまでとは異なる日常生活を強いられる事が多くなります。
しかし、インプラントで欠損歯を補う場合、入れ歯で問題視される不具合を解消する事が可能です。
とくに、噛みあわせは人工歯根を骨に埋め込んでしまうため、天然の歯と同等の能力を引き出す事が可能とされます。

Ameba News選びをお手伝いします。

そのため、食事の際に違和感を感じる事が無くなり、顎の骨格や筋肉もバランスよく使えるようになることがメリットです。

インプラント治療により力強い噛み合わせが可能になることで、咀嚼の際には脳へ適度な刺激が伝わるようになり、高齢者には脳の機能を退化させない為にも大変大きなメリットとなるのです。



また、噛み合せのバランスが整っている状態は筋力を効率良く発揮する為にも重要な要素で、アスリートの方にはパフォーマンスを向上させる重要な要素となっています。

そのため、インプラント治療は単に歯の機能を取り戻すためだけではなく、多岐にわたる利点があるものです。